microマックイーンを使ってライントレース機能をプログラムする/第42回アソビワークショップ開催報告

何をやったか

小学3年生は

  • モーターの操作
  • ラインセンサーの使い方
  • 真偽値表を使ったライントレースの理論

小学1年生は

  • とりあえずライントレースできるプログラムを使ってみる
  • 自分なりにライントレースしてみる

振り返り

「どうやったらライントレースできるのか?」を整理して教えようとしたがそれが良くなかった気がする。というのも1年生のmayuchikuwaさんは理屈抜きで「自分の考える最強の動き方」をまず自力で考えていた。その失敗を経て初めて理屈を教えた方が食いつきが良かったのでは?と思った。

当日のPR資料

豆を投げつけたくなる鬼ロボットを作ろう/第41回アソビワークショップ開催報告

明けましておめでとうございます。2022年最初のイベントは報告記事を書き忘れました・・・。

表題のテーマで「鬼ロボット」を作りました。と言っても鬼限定にはせず、各々好きなものをロボットにかぶせてもらいました。発端はmayuchikuwaさんの「亀ロボットを作りたい」から始まりました。

簡単な作り方は以下の記事に書いてますのでよければご覧ください。

https://loochs.org/what-can-make-micro-maqueen-looks-better/

そういえば作品の写真をあまり撮れてなかった・・・。

マイクロビットを使ったクリスマスアクセサリー製作編 最終回/第39回アソビワークショップ開催報告

みなさん明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて新年最初のアソビワークショップ、昨年のやり残しからスタートしました。

去年はどんなことをやってたか?

まずは思い出すところから。確かLEDストリングライトをmicrobitで制御して好みのライトパターンを作っていた。

前回のパターンを再現する

正月明けだけど過去の写真や記憶を辿りながら再現していく。

「さぁ何をしていたか思い出せるかな?」
昔(2021年)の勘を取り戻してきた!?

作品を作り上げる

このわいわい感がたまらない。思い描いたものと違った物になるのもまたよし。失敗から学ぶことの方が多い。新年早々遊びながらも学んでるなー!

「早よせんかい!」
「なかなかいい感じ??」

実際に使ってみる

袋の下まで光らせたかったけどそこは上手くできなかった、とのこと。

光るバッグ

こちらはたくさんのLEDをつけた弊害でどうやらとっても着づらかった模様笑

(内側が)光るジャケット

マイクロビットを使ったクリスマスアクセサリー製作編 /第38回アソビワークショップ開催報告

こんなものを使いました

どんなことをしたか

前回デザインしたアイディアに基づいてそれぞれの作品を作り始める

設計図を書く人
何やってるか教えてくれない人
音にこだわる人

何が出来たか

アイディアを実現させるための道具が揃いました。具体的にはLEDとその制御プログラムです。これを各々の色んなアイテムと合体させてオリジナルアクセサリーを作っていきます。

LEDの点滅制御、ジャンパワイヤー添え
設計図に基づいて作成しました。実は2台のマイクロビットの無線通信で実現しています。

未PR資料