Build your own extension for Microbit in Make Code Editor / メイクコードエディタでマイクロビットの拡張機能を自作する

前提

– Githubアカウントを作成済み(ですよね?)

手順①MakeCodeEditor上で任意のプロジェクトを作成。

ここでは”hoge”とする。

手順②プロジェクトをGithub上にリポジトリとして登録する。

まずはGithubアイコンをクリック。

そのまま「つづける」をクリック。

Githubでリポジトリが作成済みであることを確認。

手順③エディターに戻りJavaScript編集画面を開く。

元のコードは全部消してしまおう。

手順④ブロックを作成する

「hoge」というブロックにしよう。実際のコードは以下。

/** 
 * これはHoge(ホゲ)という何にも役に立たないクラスです
 */
namespace Hoge{}

これだけでは拡張機能としてエディターに追加されないのでGithubアイコンをクリックして変更内容をリポジトリにコミットする。

「変更をコミットしてプッシュ」をクリック。

プッシュが完了したら拡張機能を検索してみる。「高度なブロック」⇨「拡張機能」

自身のリポジトリURLで検索かけると「hoge」がヒット。こいつをクリックして追加してみる。

ふむ、変化がない。そうなんです。これではまだブロックが追加されないのです。

手順⑤本当にブロックを追加する

中身となる関数を用意する。これも「hoge」、わかりづらい・・・。

/** 
 * これはHoge(ホゲ)という何にも役に立たないクラスです
 */
namespace Hoge{
    //% blockId=hoge
    //% block="hoge %huga"
    export function hoge(huga: number): void
    {
        basic.showNumber(huga)
        }
}

そしてコミットするとほら、追加されてるでしょう黒いのが?

とはいえ使うには(使えないが)ちょっと不親切なので修正を行う。

手順⑥ブロックのプロパティ設定

変更できるのは以下の4つ。

  • 色(color)
    • ここの値設定の考え方はよく分かってません、すいません
  • 優先順位(weight)
    • 値の上下限値は不明ですが大きければ大きいほど上位に表示される模様
  • アイコン(icon)
  • ブロック名(block)
    • こちらも任意に指定可能。公式ガイドをとりあえず真似てみた。
/** 
 * これはHoge(ホゲ)という何にも役に立たないクラスです
 */
//% color=190 weight=100 icon="\f5d0" block="Basic Blocks"
namespace Hoge{
    //% blockId=hoge
    //% block="hoge %huga"
    export function hoge(huga: number): void
    {
        basic.showNumber(huga)
        }
}

ひとまずこんなもんでしょう。これを拡張していくと好きな機能をどしどし追加できる。少し前とは違ってだいぶ機能追加がしやすくなってる。さすがMSさん、これからもどんどんよろしくお願いします。

参考リンク

https://makecode.com/extensions/getting-started

https://makecode.com/defining-blocks

What I cannot create, I do not understand / 自分で作れないなら、私は理解していない~第29回アソビワークショップ開催報告

今回はまーくんの力作です。みんなでモーターを手作りしました。とはいえいきなり制作にとりかかるのではなくまずは前回のおさらいから。前回はLEDを爆発させてしまいました。その原因はなんだったか?そう「抵抗」の不在でした。蛇口に例えると電気は水、その水の流れを抑えきれないあまりに前回のLEDは悲惨な結末を迎えました。そこでその水の流れを調整するのが抵抗器というわけです。

今回は無事点灯

そしてモーターの制作に入りました。クリップを電池の両端につけて、銅線を二つのクリップに橋渡しする。そして電池の上に同線の丸部が真上に来るように磁石をセットすると・・・。

見事にみんなで回すことができました。前回は既製品のモーターを動かすことから始めたけど、今回はそれを自分で作って動かすことができました。かの有名な物理学者のファインマンが残した以下の言葉、みんなは心配しなくても大丈夫だね。

What I cannot create, I do not understand.(私が自分で作れないものは、私が本当の意味で理解していないものだ)

https://gigazine.net/news/20170701-explain-understand/

減価する貨幣、そしてIoTとは?第27回アソビワークショップ開催報告

なにをやったか

  • イントロダクション(減価する貨幣、ヴェルケルについて)
  • オブナイズの使い方
  • オリジナル映画制作

イントロダクション

  • 今回は価値が減っていく貨幣についてみんなで話し合いました
  • もし自分が旅に出るとしたらどんなものを持っていきたいか?
  • お金が使えるところがあればお金をたくさんもっていくといいけど、ジャングルみたいなところだと使えないので違うものがいい
  • お金は腐らないしいろんなものに交換できるからいいけどもしお金も腐っていくとしたら・・・?
  • そんな実験が実際に行われたことについてみんなで話しました

オブナイズの使い方

  • オブナイズはいわば「インターネットにつながるマイクロビット」
  • 今回は友達のオブナイズに自分からメッセージを送ったりLEDを光らせたりしてみた
  • 現代の技術を使うと遠くからでも物を動かすことができることをみんなで体験した
    • それと同時に失敗した時の危うさも体感できた

オリジナル映画制作

  • セリフの役割分担についてみんなで議論した

  • セリフの収録方法は一旦スクラッチを使うことに決定

  • キャラ設定、デザイン作成について

    • 妖精・魔王などの作成状況についてPR
  • その他

    • BGM作成とガレージバンド、オープニング曲やメンバーから得られたキャラデザノウハウを共有した

<イベント開催のお知らせ>第22回アソビワークショップ

<イベント情報>
おはようございます、ルークス 福原です。
2月から半年ぶりのリモート開催となります!ピンチをチャンスと捉えて、リモートで楽しめる遊びをみんなで研究していきましょう!

参加される方は以下のアンケートリンクより回答よろしくお願いいたします

(moon grin)

※当日はZoom or Discordでの開催を検討しています。
※参加される方には別途イベントURLを送付します

# 第22回アソビワークショップ
## 参加アンケートリンク
https://forms.gle/qvARdrtjpkzgvCdc9

## 開催日時
2021/02/07 10:00-12:00

## 時間割
– 「Googleけんさくのたつじんになろう」(30分)
– スクラッチを使ったオリジナル映画の制作(60分)
– そのほか

## 前回の様子
https://loochs.org/2021/01/29/session-21-asobi-workshop/

友だち追加

まちぴあから宝物を探し出せ!第21回アソビワークショップ開催報告

1月24日はまちぴあさんの2Fをお借りしていつもよりちょっと長めのアソビワークショップを開催しました。今回のお題は「宝探しゲーム」、みんなでマイクロビットの使い方やゲームのルールを考えてこの日のために準備してきました。

しかし残念なことに全国的なコロナウィルス感染の拡大により、このゲームの参加者を募ることができず・・・。やむを得ずルークス関係者のみの開催となりました。

しかしそんなことは全く気にせず、やる気満々で宝探しゲームを開催する子供達の様子をぜひご覧ください!

いかがだったでしょうか?このようにルークスではプログラミングだけでなく子供たちが「やりたい!」と思ったことを自由に実現できる環境づくりをサポートしています。コロナウィルスの脅威が依然として続く中ではありますが、活動に興味がございましたらLINEやメールなどからぜひ一度ご連絡ください!

友だち追加

また2月からは再びルークスの活動はリモート開催に移行します。これからもルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

<イベント開催のお知らせ>第20回アソビワークショップ

<イベント情報>
# 第20回アソビワークショップ

## 参加アンケートリンク
https://forms.gle/Ch4jt9mLSCZTi1fx7

## 開催日時
2021/01/10 10:00-12:00

## 時間割
イントロダクション(10分)
1時間目:創造
– 宝探しゲーム まちぴあのスタッフさんに体験してもらう(20分)
– スクラッチを使った
オリジナル映画の制作(40分)
2時間目:創作(40分)
– お正月クイズ大会 with マイクロビット
片付け(10分)

## 持ち物
– PC(レンタル可)
– 出題したいクイズ(創作パートで使います、答えは教えないでね)
– 捨てても良い箱(マイクロビットが隠せるくらいの大きさ、1月24日の宝探しゲーム本番で使います)

## 前回の様子
こちらから→https://loochs.org/2020/12/11/session-19-asobi-workshop/

## 開催場所
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉5丁目9-7

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 246yczqe.png

マイクロビットでもキリンが描ける!第19回遊びワークショップ開催報告

まずは準備体操で宝探しゲーム。久しぶりの友達も来てくれたので楽しかったね。宝物を隠すとき、覆い隠すことよりも相手の盲点を突くことが重要だということがわかったね。あと宝物は3つでも探すのが大変!本番の難易度調整には結構コツが必要かも。

準備体操で宝探しゲーム、決めポーズをパシャリ

11月に新しいマイクロビットが発表されたので、ルークスはその新型をゲット。早速みんなで勉強も兼ねて新旧の比較をしてみた。機能面での大きな変更はマイク&スピーカーの追加だったけど、デザイン面での違いも出てきた。v1で遊んでた人にとってv2はとても新鮮だったかも。

マイクロビットv1とv2の比較、思いついたらすぐ書き出そう

後半では少し長い時間使って新型マイクロビットを使ったプログラミング対決。対決といってもお互いのアイディアを見せ合うだけなので争いは一切起こりません😀

そして驚くべきはマイクロビット初挑戦の男の子が作ったプログラムが写真の3つ目。これなんと「キリン」を描いてみたと。言われてみると確かにキリンに見えてくる、というかあのスケールをこの中に収めるとは天才か!

そんなこんなで2020年最後のアソビワークショップが閉幕しました。今年は新型コロナウィルス感染症で世界中が様々な影響を受けました。その苦境の中でもこの活動を継続できたのは地域の皆さまのご支援があったからこそと思います。

2021年からは今年の反省を踏まえて開催形式を少し変更してさらにパワーアップしたアソビワークショップを開催予定です。これまでより一層地域の子供たちのために楽しい学びの場を提供、やりたいことの発見や実現を後押しできるようルークス一同努力していきます。

これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

<イベント開催のお知らせ>第19回アソビワークショップ

いつも大変お世話になっております。一般社団法人ルークスです。(福原です^^)

2020年も残り僅かですね・・・。

しかしこのタイミングでアソビワークショップは前よりも少し進化するために「時間割」を導入します!

具体的には・・・
1時間目を「創造」
2時間目を「創作」
という構成になっていますが、こちらの詳細についてはイベント当日に簡単な説明をいたします。

さて、2020年12月6日(日)に下記の内容でイベントを開催いたします!
参加される方は以下リンク先よりアンケートに回答お願いいたします

(content)

# 第19回アソビワークショップ

## 参加アンケートリンク
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdsIaQGVVdvkZnNQcJyPWdnFfBQy2a4mKQiJsSO8k-itGLqyQ/viewform?usp=sf_link

## 開催日時
2020/12/06 10:00-12:00

## 時間割
イントロダクション(10分)
1時間目:創造
– 宝探しゲームの開発(20分)
– スクラッチを使った
オリジナル映画の制作(40分)
2時間目:創作(40分)
– 宝探しレーダーで音を鳴らす 他
片付け(10分)

## 持ち物
– PC(レンタル可)
– 捨てても良い箱(マイクロビットが隠せるくらいの大きさ)

## 前回の様子
こちらから→https://loochs.org/2020/11/26/session-18-asobi-workshop/

## 開催場所
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉5丁目9-7

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 246yczqe.png

お宝を探せ!マイクロビットを使った宝探しゲームの開発!第18回遊びワークショップ開催報告

まずはイントロダクション。「遊び」について考えてみる。頭のいい学者さんが考えた遊びの4要素、子供たちも納得した様子。

前回の続き。宝箱に偽物を仕込んで探す人たちを混乱させる作戦にウキウキするも、果たして思った通りに上手くいくのか?そして製作中もアイディアが出るので大人はメモを取り続けているのであった・・・。

実装したアイディアを使って早速ゲームを開始。宝箱に偽物が入っていても肝心のレーダーが反応しないのであまり効果がないことがわかった。やってみないとわからないことがある!

失敗から得られた学びを「教訓」としてみんなに共有。アプローチを変えて箱に点数をつけることに。これなら競争の要素が強化されて楽しくなるかも。最後はアイディアの木にアイディアの葉っぱをつけて、本日の宝探しゲームの開発は終了。

最後は次なるプロジェクト、「オリジナルの映画制作」。監督からのアイディアを聞いてみるも壮大な物語に若干置いてかれてしまいました・・・。しかし子供たちの中では共感されたみたいで安心。最低でも20分の作品を作りたいとかで、果たしてこちらもどうなることやら・・・。

今年も残すところあとわずかとなりました。引き続き一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

<イベント開催のお知らせ>第18回アソビワークショップ

いつも大変お世話になっております。
一般社団法人ルークスです。(福原です^^)

さて、2020年11月22日(日)に下記の内容でイベントを開催いたします!
参加される方はリンク先よりアンケートに回答お願いいたします

(content)

==============================
イベント名:
第18回アソビワークショップ

当日の内容(予定):
– 宝探しゲーム開発
– オリジナル映画制作の企画

前回の様子はこちらから→https://loochs.org/2020/11/08/session-17-asobi-workshop/

開催日時:
2020/11/08 10:00-12:00

開催場所:
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉5丁目9-7

アンケートリンク:
https://forms.gle/uPfpAmyBxkVPp5WMA
==============================

==============================

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 246yczqe.png