【開催報告】第7回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • microbit を使ったデジタルサイコロ作り
  • 100均で揃えた材料を使って、オリジナルのデコレーションサイコロを各自作った
  • プログラミング前に一度モノを組み上げて、必要なプログラムのイメージを膨らませた

学び・発見・疑問

  • 電池ボックスとマイクロビットの配置が意外と難しい
  • ポンポンをボトル外側に付ける発想が新しい
  • デジタルサイコロは、普通のサイコロと違って「転がす」だけでなく、
    「振れば」よいので、マスコット的に仕上げてもかわいい
  • 目玉は回り止めにもなる
  • モノを作って仕上げていく、というプロセスは一度やり出すと止まらない!
    楽しんでもらえた!
  • 次は対面で、もっともっとお互いのアイディアを交換し合えるといいな

参加者

  • 子ども
    • 2人
  • スタッフ
    • 2人

当日発表資料

成果物

  • 長い尻尾のクルクルサイコロリボン猫(左上)
  • テクテクくん (左下)

改造したプログラム例

https://makecode.microbit.org/92403-81401-85437-85029

【開催報告】第6回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • zoomの使い方のおさらい
    • オンラインリソースのリンク
    • ズームボムについて
    • セキュリティー対策
  • スクラッチを使ったオリジナルアニメーション制作
    • テーマを決める
    • 作ってみる
    • 相談する
    • シェアする

学び・発見・疑問

  • zoom
    • 環境によってはバーチャル背景が使えない?
    • インターネット回線は大事
    • 参加者が一斉に画面共有できないの?
  • スクラッチ
    • オンラインでも楽しさは一緒
    • 壮大なストーリーは1時間じゃ作れない
      • じゃあどうする?
    • ビデオキャプチャも楽しいぞ

参加者

  • 子ども
    • 2人
  • スタッフ
    • 2人

当日発表資料

第4回アソビワークショップを開催しました

どんなことをやったか

新型コロナウィルス流行の最中ではありましたが計4名の子どもたちが参加してくれました。

子供たちにウィルスの脅威に立ち向かう手段を知ってほしい、そんな思いを込めたこのワークショップのテーマは「リモートルークス」でした。リモートルークスでは普段は隣にいる保護者と離れた場所からWeb会議システムを通して子供たちが作品の創作と発表を行いました。以下はその実施形態のイメージです。Web会議にはzoomを使用しました。

リモートルークスの実施イメージ

子どもたちの作品リンク

学び・発見

今回リモートという初の試みは、当然進行上のトラブルは多々発生しました。マイク音量やカメラ位置、貧弱なWi-Fi環境などなど。しかしそれを補って余りある嬉しい変化が子供たちの動きに現れたのです。それは子供たち同士の「協調(コラボレーション)」でした。今までは参加する子の側には多くの場合その保護者の方がいらっしゃいました。しかし今回はその保護者の方がいないことで子供間の精神的な壁が崩れたのか互いに意見交換をする場面が多く見られたのです。これがいわゆる「心理的安全性」というものでしょうか?今回得られたこの知見を継続的なものとすべく、運営側で様々な仕掛けを取り入れてきたいと思っています。

今後の予定

2020年度からは月2回ワークショップを開催していきます。具体的な日時についてはイベントをご覧ください。これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力を頂けますと幸いです。

当日のPRスライド

第1回アソビIoTワークショップを開催しました

どんなことをやったか

今回のワークショップの内容は以下の3つでした。

  • マイクロビットの基本的な使い方を知る
  • スクラッチでオリジナルの物語を作る
  • ルークスの事業内容紹介とQ&A(保護者の方向け)

このワークショップ には2家族・合計7名の方々に参加していただきました。当初の予定では主にマイクロビットを使っていく予定でしたが子供たちがスクラッチに熱中したため会場内のみんなでオリジナルのアニメーション作りに取り組むという流れになりました。これは運営としては非常に喜ばしいことで、このように子供たちが自発的にやりたいことを探求していける場づくりを今後も心がけていきたいと思っています。

学び・発見

今回参加してくれた子供たちから強く感じたのは大人にはない「創発性」でした。例えば今回のスクラッチを使ったオリジナルのアニメ作りでは誰一人として同じ世界観を持った子はいませんでした。それゆえに、子供たち同士が互いの作品に刺激し合い「あの子がこうやるなら、私もこうやってみよう」と臆することなくアイディアを取り入れそれぞれの作品を作り上げていく光景に感動を覚えました。やはり大人は子供たちに「教える」のではなく彼らが前に進みやすいように「サポートするだけ」で良いのだと改めて認識することができました。今回運営として得られた課題・改善点はより良い子供たちの「遊びと学び」の場作りに活かしていきたいと考えています。

今後の予定

今後の予定ですが、ひとまずこのワークショップを最低でも月1回開催の継続的なイベントとして続けていこうと思います。具体的な日時についてはイベントをご覧ください。ただこのワークショップだけでは今までの学校教育の延長線上でしかないと思っています。ルークスの名に相応しい活動ができるよう理事やこの活動を支援していただく保護者の皆さまとともに今後も楽しい活動を企画中です。これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力を頂けますと幸いです。

当日のPRスライド