映画制作のおすすめキャラデザ手法はこれだ!第25回アソビワークショップ開催報告

なにをやったか

  • とある人の将来の職業を考えてみた。どうやら人生はそう早くは決まらないらしい。
  • オリジナル映画制作、前回考えたキャラデザ手法がどうやらうまくいかなかいようなのでみんなで上手いやり方を考えてみた
  • バルーンスパイダー、最終回!プログラミングで好きな色を出してみた。

イントロダクション

  • 「ある少年」の人生から彼が将来何になるのか、何を成し遂げるのか考えてみた
  • 彼はいつまで経っても何もうまくいかないので、ルークスのみんなは彼を「なまけもの」と考えた
    • でも「いい人」かもしれないという意見もあった
  • 驚きだったのは彼が世の中にいちばんインパクトを与えたのは彼が少年だったとき苦手だと思った「絵」だった
  • ゴッホの絵描きとしての将来を見抜ける人なんて誰もいなかった。
  • その素晴らしい作品を生み出したのはみんなが「なまけてる」と思っていた人生そのものだった

バルーンスパイダー

  • 今回は最終回の「プログラミング」
    • 前回はトラブルによりできませんでしたが、今回はばっちり対策してきたので大丈夫でした!
  • みんなは思い思いに好きな色を光らせている、と思いきや!
    • 実は色のコンセプトを持ってプログラミングしていた
    • そのコンセプトのもとになる本を2冊紹介してもらった
    • なるほど、ただ闇雲に色を探すのではなくお手本となる教材からいい組み合わせを探すやり方があるのかと勉強になりました!
  • そして実際に出来上がった色がこちら!みんなそれぞれの光らせ方があって素晴らしい!

オリジナル映画制作

  • 前回に引き続きキャラクターデザインの話が盛り上がった
    • どうやら前回話に挙がったスクラッチのキャラクターテンプレートを活用する方法がうまくいかないらしい
    • 理由は「デザインがしづらい」ということらしい
    • 確かに絵を描くとなるとマウス操作になってしまうので想う通りのデザインができない
  • そこでみんなが思いついたのが「タブレット」だった!
    • 使うアプリは「アイビスペイント」というらしく、iOS/ipadOS. AndroidOSでも使えるみたい
    • 次回は映画の世界にキャラクターが入った姿を見ることができるかな!?

当日のPR資料

アナロジーという名の武器を使おう!第24回アソビワークショップ開催報告

なにをやったか

  • 学校で習わないであろう「アナロジー」について考えてみた
  • オリジナル映画制作、どうすれば考えたキャラクターをアニメ化できるのか
  • バルーンスパイダー、紙風船をデコレーション

アナロジーとは?

  • 知っていることの中から共通点を見つけること
    • 見つけた共通点は、解決方法を知らない問題を目の前にしたときの「武器」になるかもしれない
  • 今回はある事例をもとにアナロジーを体験してみた
  • みんなアナロジーを使うことには慣れてない、武器が目の前に転がっているにも関わらず・・・
「話など聞く気はない」

オリジナル映画制作

  • @akamiharamiさんがキャラクターデザインを作ってきてくれた!
  • でもこのキャラクターをどうやってアニメーションにするのかみんな良くわからない
  • そこで@kichinosukeyからスクラッチのキャラクターデザインを活用するアイディアが!
  • みんなこのアイディアを使って自分たちのキャラクターをアニメ化することにした

バルーンスパイダー

  • 実はプログラミングを先にやりたかったけど、デバイスが上手く接続できないトラブルが発生
  • 急遽予定を切り替えてスパイダーの上半身(?)とも言える紙風船部分を制作
  • ワークショップが終盤になり、ようやくデバイス不具合の原因が判明
  • どうやらデバイスのリセットボタン長押しでリセットすると困っていた不具合が解決できた

当日のPR資料

好奇心アヒルとけしからん学び!第23回アソビワークショップ開催報告

なにをやったか

  • ルークスの非効率な学び方などについて
  • バルーンスパイダー制作
  • オリジナル映画制作

ルークスの非効率な学び方について

  • ざっくりと言いたいことはスライドに書いてあるので興味があればご確認ください
  • これについてはもっと言語化が必要
  • いろんな人に意見を伺いたい

バルーンスパイダー制作

  • 2020年8月に特別編としてやる予定だったもの
  • ラムネ図工室さまに制作していただいた
  • 樹脂モールの加工が意外に盛り上がる
  • 実は作り方を見せないで作ってもらっている

オリジナル映画制作

  • スクラッチを使ったオリジナル映画制作、全部リモートで挑戦する
  • akamiharamiさんが絵コンテを作ってきてくれた
  • それをもとにsakitoriさんが背景をスクラッチで作ってくれていた!(以下添付のスクラッチプログラム)
  • しかしイメージの違いがあったので議論しながら進め方を決めた
    • これってリモートでの作品作りをマスターしつつあるってこと? - 次回はどうなる??

当日のPR資料

参加者

  • 子ども3人、大人3人

マイクロビットでもキリンが描ける!第19回遊びワークショップ開催報告

まずは準備体操で宝探しゲーム。久しぶりの友達も来てくれたので楽しかったね。宝物を隠すとき、覆い隠すことよりも相手の盲点を突くことが重要だということがわかったね。あと宝物は3つでも探すのが大変!本番の難易度調整には結構コツが必要かも。

準備体操で宝探しゲーム、決めポーズをパシャリ

11月に新しいマイクロビットが発表されたので、ルークスはその新型をゲット。早速みんなで勉強も兼ねて新旧の比較をしてみた。機能面での大きな変更はマイク&スピーカーの追加だったけど、デザイン面での違いも出てきた。v1で遊んでた人にとってv2はとても新鮮だったかも。

マイクロビットv1とv2の比較、思いついたらすぐ書き出そう

後半では少し長い時間使って新型マイクロビットを使ったプログラミング対決。対決といってもお互いのアイディアを見せ合うだけなので争いは一切起こりません😀

そして驚くべきはマイクロビット初挑戦の男の子が作ったプログラムが写真の3つ目。これなんと「キリン」を描いてみたと。言われてみると確かにキリンに見えてくる、というかあのスケールをこの中に収めるとは天才か!

そんなこんなで2020年最後のアソビワークショップが閉幕しました。今年は新型コロナウィルス感染症で世界中が様々な影響を受けました。その苦境の中でもこの活動を継続できたのは地域の皆さまのご支援があったからこそと思います。

2021年からは今年の反省を踏まえて開催形式を少し変更してさらにパワーアップしたアソビワークショップを開催予定です。これまでより一層地域の子供たちのために楽しい学びの場を提供、やりたいことの発見や実現を後押しできるようルークス一同努力していきます。

これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

<イベント開催のお知らせ>第19回アソビワークショップ

いつも大変お世話になっております。一般社団法人ルークスです。(福原です^^)

2020年も残り僅かですね・・・。

しかしこのタイミングでアソビワークショップは前よりも少し進化するために「時間割」を導入します!

具体的には・・・
1時間目を「創造」
2時間目を「創作」
という構成になっていますが、こちらの詳細についてはイベント当日に簡単な説明をいたします。

さて、2020年12月6日(日)に下記の内容でイベントを開催いたします!
参加される方は以下リンク先よりアンケートに回答お願いいたします

(content)

# 第19回アソビワークショップ

## 参加アンケートリンク
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdsIaQGVVdvkZnNQcJyPWdnFfBQy2a4mKQiJsSO8k-itGLqyQ/viewform?usp=sf_link

## 開催日時
2020/12/06 10:00-12:00

## 時間割
イントロダクション(10分)
1時間目:創造
– 宝探しゲームの開発(20分)
– スクラッチを使った
オリジナル映画の制作(40分)
2時間目:創作(40分)
– 宝探しレーダーで音を鳴らす 他
片付け(10分)

## 持ち物
– PC(レンタル可)
– 捨てても良い箱(マイクロビットが隠せるくらいの大きさ)

## 前回の様子
こちらから→https://loochs.org/2020/11/26/session-18-asobi-workshop/

## 開催場所
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉5丁目9-7

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 246yczqe.png

お宝を探せ!マイクロビットを使った宝探しゲームの開発!第18回遊びワークショップ開催報告

まずはイントロダクション。「遊び」について考えてみる。頭のいい学者さんが考えた遊びの4要素、子供たちも納得した様子。

前回の続き。宝箱に偽物を仕込んで探す人たちを混乱させる作戦にウキウキするも、果たして思った通りに上手くいくのか?そして製作中もアイディアが出るので大人はメモを取り続けているのであった・・・。

実装したアイディアを使って早速ゲームを開始。宝箱に偽物が入っていても肝心のレーダーが反応しないのであまり効果がないことがわかった。やってみないとわからないことがある!

失敗から得られた学びを「教訓」としてみんなに共有。アプローチを変えて箱に点数をつけることに。これなら競争の要素が強化されて楽しくなるかも。最後はアイディアの木にアイディアの葉っぱをつけて、本日の宝探しゲームの開発は終了。

最後は次なるプロジェクト、「オリジナルの映画制作」。監督からのアイディアを聞いてみるも壮大な物語に若干置いてかれてしまいました・・・。しかし子供たちの中では共感されたみたいで安心。最低でも20分の作品を作りたいとかで、果たしてこちらもどうなることやら・・・。

今年も残すところあとわずかとなりました。引き続き一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

お宝を探せ!マイクロビットを使った宝探しゲームの開発!第17回遊びワークショップ開催報告

まずは宝探しゲームを体験してみる

マイクロビットを使った宝探しゲームをみんなで企画しました。開始と同時に遊んでみると異様な盛り上がりを見せました。

大人も見つけられまいと工夫を凝らして宝物を隠していきます。しかし難しすぎず易しすぎずが重要です。

このゲームをもっと楽しくするためには?

楽しんだ後はこのゲームをどんなふうにするかのアイディア出しをしました。ただ遊ぶだけではなく「他の人に遊んでもらうためには?」を考え出すとみんな意外に苦戦してました。アイディア出しの後は第2回戦開始!子どもたちは大人たちに見つけられないよう工夫を凝らして宝物を隠していきます。これには大人たちも大苦戦しました・・・。

次回の予定

次回は宝探しゲームのイベントチラシ作りや、プログラムの作成などを進めていきます!途中参加でも大歓迎!気になる方はふるってご参加ください!

当日のPR資料

プロジェクションマッピング✖️ファッションショー!第16回アソビワークショップ開催報告

2020年10月18日に開催した第16回アソビワークショップの開催報告です。(今回の報告は実施内容と反比例してあっさりです、すいません・・・)

本イベントはルークスに参加している子どもたちによる企画のもと実施した初めてのイベントでした。当初は漠然とした「プロジェクションマッピングを使ってファッションショーやってみたい」という思いから始まったこの企画ですが、回を重ねるごとにイベントの企画が具体化され最終的に素晴らしいショーを開催することができました。

当日は大人ともどもショーの開催に熱中しすぎてあまり良い写真が取れなかったため、その場の雰囲気をお見せできないのが残念ではあります。しかし子どもたちにとっては非常に良い経験になったのではないでしょうか?

子どもたちの「〜がやりたい!」という思い全てを今の学校教育が実現できるとは思えません。その現状を変えなければ彼女たちの可能性を奪い続けることになります。そのような悲しい現実を変えるため、ルークスはみんなの可能性を見つけ出す活動を続けていきます。

引き続き、一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

AR(拡張現実)とこれからのエンタメ、フルーツ発電実験〜第14回アソビワークショップ開催報告〜

イントロダクション「転売ヤーの脅威から逃れるには?」

  • 相変わらず興味なし!笑
  • 「早く楽しいことをやりたい!」と前向きな姿勢だったということで・・・^^;

ハロウィンイベント企画、AR(拡張現実)✖️ファッションショー

  • 何をやったか?
    • 10月18日に実施するファッションショーの動画撮影企画
      (ファッションショーだよ!ダンスパフォーマンスじゃないからね!)
    • 撮影当日に向けたフォーメーション決め
    • 撮影予定の動画構成について振付師とアニメーションクリエイターで意見交換
  • 良かったこと
    • 短い準備期間ではあるが、撮影に向けてコンテンツ作成に取り掛かることができた
    • 「良い作品を作るためには?」という子どもたちの協調性は相変わらずすごい
    • お互いのアイディアはノートに書いて共有
    • 大人も「〜なやり方あるよね?」という意見を共有、参考として取り入れてもらうことができた
    • 当初のプロジェクションマッピングというアイディアは実はAR(拡張現実)の活用研究だったという気づき
  • 反省点
    • 子どもたちの意見を全て拾いきれない器量の小ささ
      • e.g. もっと広い会場、イケてる動画撮影機材・・・
        • 「これで成功した暁には」という言い訳で許してもらえたけど
    • もうちょっと計画的にすべきだったか・・・?
      • 大人がどこまで介入すべきかは現在模索中

フルーツ発電実験

  • 何をやったか
    • 様々なフルーツを電池がわりに、スピーカーを鳴らしてみた
    • どれが一番電気が流れるのか?みんなで大予想
      • 予想外の結果もありみんなの頭には「?」が浮かぶ
    • 電流、電圧と初めての遭遇
      • 計測結果をホワイトボードに書き込んでみたり
  • 良かったこと
    • 大人も結果が予測できないというワクワク感
    • みかんは?バナナは?対象を即座に切り替えて実験できる環境
    • 安全対策はバッチリ、危険作業は大人が対応
  • 反省点
    • 半導体の説明が稚拙&忘れ物🤣

次回予告

  • 自己紹介スライド作成
  • ハロウィンイベント企画(アニメーション&振り付け)

最後に

子どもたちの発想を全て受け止めることの難しさ(自身の器量の小ささ)を強く感じたとともに、やはり今の学校ではできない体験をできる場作りができているという実感を得られたイベントでした。子どもたちのポテンシャルを大いに発揮できる環境づくりにこれからも励んでいきます!

というわけで、引き続きルークスの活動にご理解とご協力よろしくお願いいたします。