プロジェクションマッピング✖️ファッションショー!第16回アソビワークショップ開催報告

2020年10月18日に開催した第16回アソビワークショップの開催報告です。(今回の報告は実施内容と反比例してあっさりです、すいません・・・)

本イベントはルークスに参加している子どもたちによる企画のもと実施した初めてのイベントでした。当初は漠然とした「プロジェクションマッピングを使ってファッションショーやってみたい」という思いから始まったこの企画ですが、回を重ねるごとにイベントの企画が具体化され最終的に素晴らしいショーを開催することができました。

当日は大人ともどもショーの開催に熱中しすぎてあまり良い写真が取れなかったため、その場の雰囲気をお見せできないのが残念ではあります。しかし子どもたちにとっては非常に良い経験になったのではないでしょうか?

子どもたちの「〜がやりたい!」という思い全てを今の学校教育が実現できるとは思えません。その現状を変えなければ彼女たちの可能性を奪い続けることになります。そのような悲しい現実を変えるため、ルークスはみんなの可能性を見つけ出す活動を続けていきます。

引き続き、一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

AR(拡張現実)とこれからのエンタメ、フルーツ発電実験〜第14回アソビワークショップ開催報告〜

イントロダクション「転売ヤーの脅威から逃れるには?」

  • 相変わらず興味なし!笑
  • 「早く楽しいことをやりたい!」と前向きな姿勢だったということで・・・^^;

ハロウィンイベント企画、AR(拡張現実)✖️ファッションショー

  • 何をやったか?
    • 10月18日に実施するファッションショーの動画撮影企画
      (ファッションショーだよ!ダンスパフォーマンスじゃないからね!)
    • 撮影当日に向けたフォーメーション決め
    • 撮影予定の動画構成について振付師とアニメーションクリエイターで意見交換
  • 良かったこと
    • 短い準備期間ではあるが、撮影に向けてコンテンツ作成に取り掛かることができた
    • 「良い作品を作るためには?」という子どもたちの協調性は相変わらずすごい
    • お互いのアイディアはノートに書いて共有
    • 大人も「〜なやり方あるよね?」という意見を共有、参考として取り入れてもらうことができた
    • 当初のプロジェクションマッピングというアイディアは実はAR(拡張現実)の活用研究だったという気づき
  • 反省点
    • 子どもたちの意見を全て拾いきれない器量の小ささ
      • e.g. もっと広い会場、イケてる動画撮影機材・・・
        • 「これで成功した暁には」という言い訳で許してもらえたけど
    • もうちょっと計画的にすべきだったか・・・?
      • 大人がどこまで介入すべきかは現在模索中

フルーツ発電実験

  • 何をやったか
    • 様々なフルーツを電池がわりに、スピーカーを鳴らしてみた
    • どれが一番電気が流れるのか?みんなで大予想
      • 予想外の結果もありみんなの頭には「?」が浮かぶ
    • 電流、電圧と初めての遭遇
      • 計測結果をホワイトボードに書き込んでみたり
  • 良かったこと
    • 大人も結果が予測できないというワクワク感
    • みかんは?バナナは?対象を即座に切り替えて実験できる環境
    • 安全対策はバッチリ、危険作業は大人が対応
  • 反省点
    • 半導体の説明が稚拙&忘れ物🤣

次回予告

  • 自己紹介スライド作成
  • ハロウィンイベント企画(アニメーション&振り付け)

最後に

子どもたちの発想を全て受け止めることの難しさ(自身の器量の小ささ)を強く感じたとともに、やはり今の学校ではできない体験をできる場作りができているという実感を得られたイベントでした。子どもたちのポテンシャルを大いに発揮できる環境づくりにこれからも励んでいきます!

というわけで、引き続きルークスの活動にご理解とご協力よろしくお願いいたします。

マイクロビットで超音波を使いこなそう!〜第13回アソビワークショップ開催報告〜

イントロダクション「みんなが起業するならどんなことをしたい?」

  • 実はルークスは2020年9月6日で創立1周年を迎えました。
  • そこでイベントの初めに「みんなが起業するならどんなことをしたい?」をテーマに簡単な自己紹介から始めてみました
  • 結論から言うとみんな「興味なし!」笑
  • いつも通り「今ハマっているもの」というテーマもにしましたとさ😂

ロボットカープログラミングで超音波を使いこなそう

  • 良かったこと
    • 予想外のところで子供たちが食いついた
    • 超音波センサで身長を測る
    • 計測・検証のサイクルを高速で回していた
    • エンジニアが良くやることを小学2年生がやっている
超音波センサで身長を測定される大人たち
  • 反省点
    • プログラムがバグあり
    • 説明的になり過ぎたか?非クリエイティブだった気が・・・
      • 街中の車という世界観を与えると良かった
    • 超音波を動画などわかりやすいコンテンツで見せられれば良かった
  • アイディア
    • 自由帳の導入は最高

プロジェクションマッピングショー 1次デモ

  • 今回のお試しはだいぶ盛り上がった
  • 子供たちの趣味趣向という発見もあった
  • プロジェクションマッピングの好き嫌いではなく、そのプロジェクトの中で好きなことを見つけられるか?
    • ダンス好き、音楽好き、映像好き、ナレーション好き
  • 次回やりたいこと
    • 作品のリミックス
    • 企画実行のフォーメーションを決めたい

子供アイディアコンテスト企画

  • 子供たちの協調生の高さ
    • 「俺が、私が」がない
    • 「どうやったら良くなるか?」を純粋に突き詰める最高のチーム感
      • リミックスに疑問を持たない
    • 1次審査、通過しなくても次に繋げられる活動にしたい

次回予告

フルーツ電気実験をやります!

実験に使ったグレープフルーツは食べれません・・・

最後に

皆さまのお陰で一般社団法人ルークスは創業1周年を迎えることができました。引き続きルークスの活動にご理解とご協力よろしくお願いいたします。

COVID-19(新型コロナウィルス)への対応方針を公表します

ルークスは世界的に感染が拡大しているCOVID-19(Corona Virus Disease、日本では「新型コロナウィルス」と呼ばれています)の感染予防策を十分に講じることを条件に3月中に予定していたイベントを開催します。

開催を判断した理由は大きく以下の2つです。

  1. 参加児童の感染と重症化の可能性が統計的に見て非常に少ない
  2. 推奨されている感染予防対策はルークスだけでも十分に講じることができる

それでは上記の詳細についてそれぞれ論拠となるソースをもとに簡単にご説明します。

児童の感染と重症化のリスクについて

※本項に記載するグラフは中国CDC(疾病予防管理センター)が2020年2月11日の時点で診断されたすべての症例をまとめたレポートをもとにしています。

以下の図をご覧ください。左から順に武漢市、湖北省、中国全体における年齢別の感染者数のグラフになります。縦軸が年齢層、横軸が感染者数の割合を示しておりひと目見て若年層における感染者の数が非常に小さいことがわかります。

例えば0-10歳は中国全体の感染者の0.9%となっています。これを日本に置き換えると、日本での感染者数はWHOのデータによると239人ですのでざっと2.1人が感染している可能性があるといえます。

さらに日本全体で0-9歳の子供はおよそ1000万人程度いると言われています。1000万人のうちの2.1人という割合が意味するところは「子供達が感染するリスクは非常に少ない」ということでしょう。

次に重症化のリスクについても簡単に触れておきます。以下は上記と同様のレポートに記載されているデータの抜粋になります。先述した感染リスクを考慮するとこちらもほとんど無視できるリスクと考えられます。

上記の感染リスクについては今後の世界的な情勢によって左右されるため決して確実なものではありませんが、現時点の公表されているデータから得られる考察としては妥当なものと考えています。

実施予定の感染予防対策について

COVID-19の感染様式は飛沫感染と接触感染の2つです。(問4 新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?

これらの感染予防にはWHOから発信されているように一般的な手洗い等の衛生予防策が十分に効果的であるとされています。

よってルークスではそれぞれの様式に合わせて以下の対策を講じます。

飛沫感染:前提として発熱の症状もしくは咳の症状がある方の参加はできません。くしゃみの症状がある方は花粉症対策のケースを考慮してマスクの着用を義務付けます。

接触感染:イベント開始前、イベント中、そして終了直後に手洗い+アルコール除菌を実施します。加えて使用機材等のアルコール除菌もイベント開始前に実施します。

以上、ルークスのCOVID-19への対応方針についてでした。