【開催報告】第5回アソビワークショップ

どんなことをやったか

新型コロナウィルス流行を受けて完全リモートのワークショップを開催しました。Web会議システムは前回と同様にzoomを使用しました。

当日のテーマは「Web会議システムでどんなことができるのか?」でした。初めてZoomを触るメンバーも多い中でしたが、みんなで以下のことについて遊びながら研究しました。

  • バーチャル背景の設定
  • 絵文字やチャットを使ったコミュニケーション
  • ホワイトボードを使った遊び作り
  • みんなで記念撮影(プライバシー保護のため、素晴らしい写真を共有できずとても残念です!)
ホワイトボードを使ったリアルタイムクイズ

学び・発見

「こいつ、動くぞ・・・」

アムロ・レイ ー 機動戦士ガンダム

皆さんはアムロレイをご存知でしょうか?機動戦士ガンダムの主人公であり、NT(ニュータイプ)と呼ばれる超人的な感覚を生まれ持った少年です。上記の引用は彼が操縦方法も知らないガンダムに生まれて初めて乗り込んだ時のセリフです。その後、彼は敵軍が操るモビルスーツを撃破してしまうことは余りにも有名です。今回のワークショップに参加したメンバーはさながらアムロレイのように、初めは覚束ないながらも次第にその操作方法を学習し新たな技術(アソビ)を発明していきました。

このような発明はなぜ生まれるのか?その問いの答えの一つはやはり「遊び」ではないでしょうか。ライフロングキンダーガーデンプロジェクトのミッチレズニックは子供たちの創造性における4つの”P”の重要性を強調しており”Play(遊び)”は正に創造力の源泉だと実感しています。

今後の予定

当初の予定では月2回のワークショップを現場開催する予定でしたが、事態の収束が判断できるまでは当面リモート形式で開催していきます。その中で以前と同様にスクラッチを使ったオリジナルのアニメーション作成やその他のワークショップ 開催ができるよう、ルークス一同努力して参ります。

これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力を頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です