【開催報告】第11回アソビワークショップ フォトインタラプタとの遭遇

どんなことをやったか

自己紹介

今回は初めてワークショップ に参加してくれた友達がいたので改めて自己紹介をしました。名前(多くはあだ名)+自分の流行をみんなの前で話してもらいました。小学生の間ではいまだに鬼滅の刃が主流みたいですね(見なければ・・・)。

久しぶりに自己紹介して思いましたが、旧知の中でも意識的に情報を流通させると新たな発見が得られますね。(e.g. 今ダンスにハマってます とか マジックにハマってます みたいな)

マイクロビットを使った貯金箱作り

Microbitとフォトインタラプタを組み合わせた貯金箱作りに挑戦しました。今回は初参加の友達も一緒に作品の制作〜発表ができて楽しかったです。しかしみんなデコレーションが好きすぎて、せっかくセットアップしたマイクロビットが取り付けられなくなるところでしたね^^

そして、たまには大人らしいこともしてみました(笑)
「フォトインタラプタの機能について」という題材でホワイトボードを使った簡単な講義の風景がこちら。「大人が話すから聞く」じゃなくて「興味があるから聞いてみる」という雰囲気が出ていて、本来の学校もこういう姿勢で子供たちが学べれば良いのになーと思った次第です。

「大人が話すから聞く」じゃなくて「興味があるから聞いてみる」という雰囲気

ルークス宣伝チラシ+マスコットキャラ作り

こちらは前回のワークショップで子供たちからもらったアイディアをもとに我々がキャラクターを作成しました。それがこちらです!!

マスコットキャラクターver0.1

子供たちの評価は「悪くない」でした・・・!!笑
あとは配色が決まれば概ねOKもらえる出来栄えにはなろうかと思います。このキャラクターは9月以降まちぴあで配布されるチラシに掲載される予定ですので実物がみたい方はぜひまちぴあまでお越しください!

子どもアイディアコンテスト企画

まずは本日の位置付けについて簡単に説明しました。アイディアを思いつくプロセスによれば今回は「芽生える」です。

控えめに言って、名著です。
「エンジニアの知的生産術」からアイディアを思いつくプロセスを我々の解釈で書き換えたもの

書籍で「芽生える」というフェーズの難しさはコントロールできないところにあると言われています。我々も類にもれずいざ具体的なアイディアを決めようとすると子供たちも「う〜ん」とか「こういうのがあるんだけどちょっとね〜」といった具合で決定打にかける感じに陥りました。

この時は一旦切り上げて思いつくまでまた時間を置くことにしました。まだ諦めるような時間ではありませんから。

しかしこういう状況でサポートすべき大人にも何かできることがあるはずです。この時に子供たちが教えてくれた意見やアイディアの兆しは漏らさず記録しておきましょう。できれば後日「あの時言っていたxxxというアイディア、形にしてみませんか?」と決定を促してあげることも必要になるかもしれないからです。

最後に

前回のワークショップから1日に3つのアクティビティをこなすのが習慣化してきており、それをこなす大人たちの負荷もそれなりに上がってきてなかなか油断できない状況になっている今日この頃です。

こんな感じでルークスは子どものやりたいことの探求やその実現に向けた支援を定期的なワークショップを通じて行っています。引き続き一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

【開催報告】第10回アソビワークショップ 子供の発想力は大人の4倍?

どんなことをやったか

ルークス宣伝チラシ+マスコットキャラ作り

まずはチラシ作りに大きな使命を感じてもらうためのミッションを共有しました。

ルークス宣伝チラシを作る「ミッション」について。「このチラシで人がたくさん来たらどうしよう!」なんてワクワクしてもらえたね。

チラシのコンセプト&マスコットキャラ作りでは与えられたミッションに基づいて、互いに意見交換しながらイメージを具体化していきました。

ディスカッションボード、大人と比べて非常に建設的に議論できていました。

今回得られたアイディアは今後の実際のチラシデザインに反映させていきます!

子どもアイディアコンテスト企画

まず「アイディアを思い付くステップ」について以下書籍を参考に説明しました。

控えめに言って、名著です。
この後、大人は子供の恐ろしさを知ることになる・・・

そして15分間でアイディア100個出しを目標に、ふせん+マジックペンを手にいざスタート!
私も参加しましたが結果から言うと「惨敗」でした(勝ち負けを競うわけではないのですが・・・)。

以下はその成果物(小さいふせんが大人分で大きいふせんが子ども分)です。集計すると大人1人あたり0.46[アイディア/分]に対して子ども1人あたり1.9[アイディア/分]と、子どもの1分当たりのアイディア発想力は大人の約4倍になりました。

このアクティビティで得られた結果が予想以上だったので、こちらは定期的に実施・計測を重ねてみたいと思っております。

子どもの発想力は大人の約4倍?

最後に、今後のアイディアを育てるための種として氷山モデルについて説明しました。これについての反応も様々で面白かったです。次回に期待ですね。

光る剣を作ろう

こちらはお馴染みの制作活動、NeopixelというLEDを制御するモジュールとマイクロビットを剣に見立てた作品作りに励みました。今回は時間の都合上作品のシェア・発表は割愛しましたがデコレーションやプログラミングにみんな夢中になってて楽しかったです。

最後に

今回は1日に3つのアクティビティをこなすというルークス史上最高のワークショップになりました。個人的には子どもたちのアイディア発想力に度肝を抜かされました。

こんな感じでルークスは子どものやりたいことの探求やその実現に向けた支援を定期的なワークショップを通じて行っています。引き続き一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

当日のPR資料

【開催報告】第9回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • マイクロビットを使ったおみくじ作り(あと動く猫らしき生き物たち)
    • 今回はサーボ モーターを使ってみた
    • 学校では習っていない人もいる「角度」という概念が出てきた
  • 普通のおみくじは「大吉」「小吉」だけどそんなものに縛られる必要はない
    • その日のラッキーアイテムを入れてみたり
    • ハズレの無いおみくじを作ってみたり

学び・発見・疑問

  • 今回は運営側の段取りが悪かった・・・
    • いくら自由とは言え、ある程度のメリハリが必要
    • 作業の全体感がわかる(言われなくても次にどんなことをやればいいのかわかる)状況を作ってあげた方が、もっと子供たちが好きなことに集中できる
    • 今回発表の時間が確保できなかったのはもったいなかった・・・
  • 工作用の小物は充実してきた
  • 大きなディスプレイは小学生にとっても嬉しい
  • いつも独自の配色を選ぶみんなが珍しく同じ色
  • やりたいことを提案してくれた子がいた!
    • チェックできてなくて本当にごめん!
    • 絶対に企画します!

参加者

  • 子どもたち
    • 3人
  • スタッフ
    • 2人

当日の作品集(毎回、作品の写真をちゃんと撮れてないのも反省点だ・・・)

当日の発表資料

https://speakerdeck.com/loochsorg/session-9-asobi-workshop

宇都宮市市民活動助成金の交付が決定しました!

市民活動助成金とは

ボランティア活動やNPO活動を活発にし、全市的に広げていくため、これらの活動を市民、企業、行政のみんなで支える仕組みとして「市民活動助成基金」を平成14年10月に設置しました。

市民活動助成基金

この助成金は上記の目的に基づき、市民の代表である「市民活動助成金審査会」の皆さまの審査のもとに交付が決定されます。

今回ルークスでは「スタート支援」という団体を立ち上げて間もない団体などを対象としたこれからの団体の自立化を支援するコースで応募いたしました。

助成金額は最大10万円となっており団体の新規事業が対象となります。

助成金の使途は?

今年度、ルークスでは大きく2つの事業を新たに実施します。

一つ目はハードウェア教材を拡充して遊びワークショップの環境を充実させ、子供たちの学ぶ選択肢を増やしていきます。

もう一つはラムネ図工室さまとコラボしたアートイベントの開催を8月に予定しています。アート作品とプログラミングを子供たちがどのように融合させるのか、今から楽しみでなりません!

最後に

宇都宮市並びに、本助成金に寄付されている市民・企業の皆さまには今回このような機会を与えて頂いたことに大変感謝しております。

これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力よろしくお願いいたします。

【開催報告】第8回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • マイクロビットを使ったデジタルレター作り
    • 紙製のカードにマイクロビットを使ってメッセージを込めよう!
    • 材料はほとんど100均ショップから調達!
  • 「デジタル」ってなんだっけ?どんなメッセージを届ける?受け取った人が簡単に使えるためには?などをみんなで考えてみた

学び・発見・疑問

  • 「デジタル」ってインターネット(Webブラウジング)の画面みたいなもの
  • 「色をなじませる」という技術がある
  • 同じ色の飾り付けをしたいなら「下地を変える」べき
  • 明るさセンサは気難しい
  • 好きな音楽は事前に作り置きしておくといいかも
  • 対面だとみんなの細かい作業や発言から学ぶことが多い

参加者

  • 子どもたち
    • 3人
  • スタッフ
    • 2人

本日の作品集

当日のPR資料

【開催報告】第7回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • microbit を使ったデジタルサイコロ作り
  • 100均で揃えた材料を使って、オリジナルのデコレーションサイコロを各自作った
  • プログラミング前に一度モノを組み上げて、必要なプログラムのイメージを膨らませた

学び・発見・疑問

  • 電池ボックスとマイクロビットの配置が意外と難しい
  • ポンポンをボトル外側に付ける発想が新しい
  • デジタルサイコロは、普通のサイコロと違って「転がす」だけでなく、
    「振れば」よいので、マスコット的に仕上げてもかわいい
  • 目玉は回り止めにもなる
  • モノを作って仕上げていく、というプロセスは一度やり出すと止まらない!
    楽しんでもらえた!
  • 次は対面で、もっともっとお互いのアイディアを交換し合えるといいな

参加者

  • 子ども
    • 2人
  • スタッフ
    • 2人

当日発表資料

成果物

  • 長い尻尾のクルクルサイコロリボン猫(左上)
  • テクテクくん (左下)

改造したプログラム例

https://makecode.microbit.org/92403-81401-85437-85029

【開催報告】第6回アソビワークショップ

どんなことをしたか

  • zoomの使い方のおさらい
    • オンラインリソースのリンク
    • ズームボムについて
    • セキュリティー対策
  • スクラッチを使ったオリジナルアニメーション制作
    • テーマを決める
    • 作ってみる
    • 相談する
    • シェアする

学び・発見・疑問

  • zoom
    • 環境によってはバーチャル背景が使えない?
    • インターネット回線は大事
    • 参加者が一斉に画面共有できないの?
  • スクラッチ
    • オンラインでも楽しさは一緒
    • 壮大なストーリーは1時間じゃ作れない
      • じゃあどうする?
    • ビデオキャプチャも楽しいぞ

参加者

  • 子ども
    • 2人
  • スタッフ
    • 2人

当日発表資料

[技術ブログ]マイクロビットを使ったソーシャルディスタンスメーターの作り方

実現したいこと

  • 携帯端末で他者との距離を測定したい
  • 可能であれば2mまでの距離を測定したい

必要なもの

必要なもの、マイクロビットの駆動電源は別途用意が必要
  • マイクロビット
  • ワニグチクリップ×3
  • ジャンパーワイヤー(オスオス)×3
  • ブレッドボード
  • HC SR 04(赤外線センサ)
  • 電源(5V以上、赤外線センサ駆動用)

作成手順

手順① はじめに、ブレッドボードを電源に固定します

手順①ブレッドボードの固定

手順② 赤外線センサをブレッドボードに設置します。この時GND/エコー/トリガー/VCCはそれぞれ図のようになります。

手順②赤外線センサをブレッドボードに設置

手順③ ワニグチクリップとジャンパーワイヤーそれぞれを図のように接続します。ワイヤ間の配色はお任せしますが、混乱を避けるためにそれぞれの配色は統一することをおすすめします。

手順③ ワニグチクリップとジャンパーワイヤーを接続

手順④ ワニグチクリップをマイクロビットに接続します。

手順④ ワニグチクリップをマイクロビットに接続

手順⑤ マイクロビットに以下のプログラムをダウンロードします。

補足

コードの内部では、実測値をもとにした1次の線形回帰モデルをもとにセンサが持つ誤差を補正している。

1m程度であれば誤差5%以内で収まるあろうと思われる。

【内容変更】第5回アソビワークショップ

4/12(Sun) 10:00より予定していたワークショップ ですが新型コロナウィルスの感染が拡大する状況を踏まえ開催内容をスクラッチを使ったアニメーション製作からzoomを使ったオンラインミーティングに変更します。

当日はWeb会議システムを使ってどんなことができるのか、メンバーで研究する時間にしたいと思っています。開催にあたっての詳細な案内は関係される方々に追ってご連絡致します。

皆さんとオンラインでお会いできることを楽しみにしています!

第4回アソビワークショップを開催しました

どんなことをやったか

新型コロナウィルス流行の最中ではありましたが計4名の子どもたちが参加してくれました。

子供たちにウィルスの脅威に立ち向かう手段を知ってほしい、そんな思いを込めたこのワークショップのテーマは「リモートルークス」でした。リモートルークスでは普段は隣にいる保護者と離れた場所からWeb会議システムを通して子供たちが作品の創作と発表を行いました。以下はその実施形態のイメージです。Web会議にはzoomを使用しました。

リモートルークスの実施イメージ

子どもたちの作品リンク

学び・発見

今回リモートという初の試みは、当然進行上のトラブルは多々発生しました。マイク音量やカメラ位置、貧弱なWi-Fi環境などなど。しかしそれを補って余りある嬉しい変化が子供たちの動きに現れたのです。それは子供たち同士の「協調(コラボレーション)」でした。今までは参加する子の側には多くの場合その保護者の方がいらっしゃいました。しかし今回はその保護者の方がいないことで子供間の精神的な壁が崩れたのか互いに意見交換をする場面が多く見られたのです。これがいわゆる「心理的安全性」というものでしょうか?今回得られたこの知見を継続的なものとすべく、運営側で様々な仕掛けを取り入れてきたいと思っています。

今後の予定

2020年度からは月2回ワークショップを開催していきます。具体的な日時についてはイベントをご覧ください。これからも一般社団法人ルークスの活動にご理解とご協力を頂けますと幸いです。

当日のPRスライド